マレーシア映画「タレンタイム」鑑賞 9/9(土)

ギンレイホール.jpg9月9日 秋の気配感じられる微かな涼風が心地良い土曜日。今回は昔ながらの名画座飯田橋ギンレイホールで「え~がね」の鑑賞会を開催しました。だんだん増えてきた参加者は…13名。新たに参加して下さった方は4名(内、男性が3名!)もう気兼ねなど全く無用の「え~がね」。
遠慮などしてたら、とても素敵な映画を観る機会を逃してしまいますよ~これからも多くの参加者募集です!
作品は『タレンタイム~優しい歌』(2009年)

☆あらすじ☆

2009年7月25日、51歳の若さで亡くなったマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマド。

アジア映画の未来への道しるべと期待された彼女の早すぎる死は世界中のファンを悲しませました。ヤスミンの最高傑作で、長編映画としての遺作になった作品。

マレーシアという国は複数の人種、言語、宗教が混在しており、インド系のヒンズー教徒、マレー系のムスリム、マレー系と英国系の混血、香港由来の華僑…と多民族国家の様々な境遇の高校生達の個人では乗り越えられない不条理な苦悩、葛藤、恋などの青春を軸にした群像劇。

✳︎イスラム教とヒンズー教の恒久的な根深い対立。

*マレーシアではイスラム教徒と他宗教の人が結婚する時には、他宗の人がイスラムへ改宗しなければいけない。そのため改宗者の側の家庭は切り崩されるようなつらさを味わう。

*進学の際にマレー人優遇策があるせいで、中国系の生徒は勉強を凄くしなきゃいけない。マレー人のほうは多少のんびりやってても大丈夫なので不公平。

(*外部リンク)

☆感想☆

ドビュッシーの『月の光』はじめ音楽が素晴らしかったです。コンクールで歌う曲、BGMで流れる歌。情感溢れて繊細で…。主に3つの家族・親子がメインで、その高校生の子供達のタレンタイムというコンクールのリハーサル風景を中心に描いています。

はじめは各エピソードが断片的に提示されてる印象で、少し分かりづらい感じがしました。それが中盤に差し掛かるうちに、情緒が出てきて…『月の光』に彩られ若い男女の初々しい仄かな恋心や感情の機微、親子の子供を愛しむ親心と、親を敬い大切に思う子の心。(多民族国家の若者たちは信心深く親孝行で、優しい)女性監督ならではなのでしょうか…細やかな観察眼を持って描かれていて、バラバラなピースが段々とひとつに纏まってゆくようでほんの少しのカタルシスを感じるほど?でした。それにアジアの湿った空気感というのでしょうか。とても共感を覚えました。

民族・宗教の違いで底知れぬ憎悪にも発展してしまいそうな、複雑に絡み合う対立感。まるで細胞の中に根深く巣食うガンのように…。私達日本人には肌感覚ではわからない部分だと思いました。でも監督の眼差しはとても温かい。マレーシアという国を客観的視野は捉えつつも主観的視点を持ち(それは「愛」だと感じました)

未来=若者 に託し「希望」を観せてくれました。本当に稀有な才能の賞賛すべき監督の逝去は惜しまれるばかりです。
感動の涙が止まらない人3名! 噂に違わず『傑作』でした。
え~がね.jpg

posted by Ryoma21 at 07:01 | Comment(0) | 今までの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマクラブ「え~がね」から9月定例会のお知らせ 『タレンタイム~優しい歌』

皆様、8月に入ってから毎日の雨・・・お盆休みもいまひとつだったのではないでしょうか?

映画を定期的に観に行く機会が年々減っているかと思います。シネマクラブ「え~がね」は、足が遠くなりつつある映画館にリーダーがお勧めする映画をみんなで観に行って、終了後、懇親会と称して、お酒やワインを片手にわいわい語り合う会です。

なので、お一人様大歓迎ですので、気楽にご参加お待ちしております。

さて、今回の作品は『タレンタイム~優しい歌』(マレーシア)珍しいマレーシア映画です。

IMG_0437.JPG

以前から名画の誉れ高い作品。ずっと気になっていたのが先日キネカ大森で上映していたので早速観に行くことに。 素敵で爽やかな傑作でした。(…と言っても派手なエンターテイメント性はありませんが) 
これはぜひ「え~がね」で皆さまに紹介したいと思っていたところでした。その矢先ギンレイホールで上映。

あまり観る機会のないマレーシア映画。しかも「伝説の映画」とまで云われる作品をぜひ観に行きましょう!

その後の懇親会。神楽坂の和食系のお店を物色中。

☆あらすじ☆

2009年7月25日、51歳の若さで亡くなったマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマド。
アジア映画の未来への道しるべと期待された彼女の早すぎる死は世界中のファンを悲しませました。ヤスミンの最高傑作で、長編映画としての遺作になった『タレンタイム~優しい歌』(2009)

音楽コンクール「タレンタイム」(才能の時間=タレントタイム)が開催される高校で、コンクールに挑戦する生徒たちの青春を描きながら、民族や宗教の違いによる葛
藤を抱えた人々の様子を通して、多民族国家としてのマレーシア社会を映し出しています。(外部リンク)

◯作品: 『タレンタイム~優しい歌』
〇日時: 9月9日土曜日11時35分~
2本立ての内の1本です(この前に9時20分から「台北ストーリー4Kデジタル修復版」上映 各自観たい方はご覧になって下さいね )
◯場所: 飯田橋ギンレイホール(地下鉄飯田橋出口B4a.B4bを出てすぐ)
◯鑑賞料: 1,500円、シニアは1,000円。
〇参加費: 会員300円、非会員500円

http://www.ginreihall.com/hallinfo.html

お申込みは、リーダー高林まで(前日まで受け付けます)
高林京子 → kyokot0102@icloud.com

posted by Ryoma21 at 20:54 | Comment(0) | 鑑賞会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11回は会員宅でのビデオ鑑賞会~「HELP」 6/25(日)

★シネマクラブ「え~がね」6月の梅雨空の最終日曜日。今回は会員の方のご自宅にて「え~がね」の鑑賞会を開催しました。参加者は9名!と賑やかな女子会になりました。高田さん映画鑑賞.jpg

作品は『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(2011年)

☆あらすじ☆
1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、当たり前のように黒人のメイドたちに囲まれて育ったが、大人になり白人社会に置かれたメイドたちの立場に疑問を抱きはじめる。真実を明らかにしようとメイドたちにインタビューを試みるが、誰もが口を閉ざすばかり。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込んだ大きな事態へと進展していく。主演はエマ・ストーンとビオラ・デイビス。第84回アカデミー賞でオクタビア・スペンサーが助演女優賞を受賞した。(外部リンク)
興味のある方は公式サイトをご覧下さい。
https://disney-studio.jp/movies/help/home.jsp

☆感想☆
時代がそうでした。白人は黒人をメイドとして使うことは当時社会構造上当たり前であり舞台はミシシッピ州と白人至上主義の人種差別が激しい地域。本作では嫌な白人が何人か出てきますが、同じ白人でも「当たり前のように」黒人に平等に接する人もいる。しかし地域コミュニティの中では白人が黒人メイドに優しくすると白い目で見られます。心の底では決して差別などしたくないのに世の潮流に逆らえずそれしか選択肢がない人生。その潜在的なストレスに苛まれますます露骨に厭な人間になっていく。でも一体誰が責められましょうか?
そんな社会システムの中で、命の危険さえある中で勇気ある行動をとる黒人メイドの彼女達に涙を禁じ得ませんでした。その辺の繊細な部分も上手く織り込み、テーマとしては重いのに、それを敢えて軽やかに装いユーモアもあり万人受けするような作品に仕上げた手腕はお見事でした。

鑑賞メンバーの感想で、作中アフリカのチャリティのオークション?場面が出てくるのですが、自分達は身近なメイドを差別しているのに…偽善。と言うものが上手く描かれていたと。それと、子供への「教育」が大切だと感じたと言う方もいました。子供のある意味無邪気な、異質なものへの差別意識。それを正すのは大人の役目。キチンと教えれば意識も変わることでしょう。社会を変える一歩になるのかも知れません。本当にそうだ…と深く納得出来る作品でした。
名作です!

そして、今回のメインイベント?の食事会。各自持寄りの海苔巻きやお惣菜、手作りのラザニア、ポテトサラダ、フルーツなど目にも楽しく、とても美味しく、ワイン・ビールを飲みながら総勢9名で会話にも花を咲かせ、あっという間に夜も更けていきました。

次回は8月 映画館鑑賞を予定しています。        リーダー高林

posted by Ryoma21 at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今までの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする