映画の聖地ともいえる「岩波ホール」で初の開催 7/27(土)

7月最後の土曜日、映画通には聖地となる神保町の岩波ホールで

初の鑑賞会を開催しました。今回は懇親会も含め、鐙さんのセレクト

で、9名の参加でした。

まもりびと.jpg

神保町の駅から直ぐの岩波ホール。ビルの上階にあるひっそりとした

映画館。舞台様式になっていてかつては劇なども上演されていたそうで、

趣がありました。作品は『田園の守り人』


今回の感想は、入会以来皆勤賞の近森さんに書いて頂きました。

「今から約100年前、第一次世界大戦最中の農村を舞台とした

作品です。夫や息子たちを戦場に送り出した農村では女達が

主体となって日々の暮らしを支えて行かねばなりません。

ある農園の女主人オルタンスは、寡婦であり、二人の息子を

戦場に送り出しています。


そして共に暮らす娘も同様に夫を送り出しています。親子は種まきの

時期を迎え、孤児院出身の若き女性フランシーヌを雇い入れました。

彼女は実に誠実に働き、すぐに親子の信頼を勝ち取りました。


やがて、ある日一時休暇で帰って来た次男がフランシーヌと恋に

落ちるところから、物語は大きく動き始めます。


この作品の主役は、実に美しく映像にまとめられた田園であり、

戦時下において田園の守り人にならざるを得なかった女性達で

あると言うことが出来ます。

そして戦争と、まだ保守的であった農村の人々の意識が、

女性達の運命に暗い影を落として行くのです。


様々な要素を盛り込んだために、戦争の悲惨さを描く場面が、

やや表面的な感じがする点や、愛する人との仲を引き裂かれた

フランシーヌがどのように立ち直って行くのかが十分に描かれて

いないといった不満は残るものの、オルタンスを演じた

ナタリー・バイの存在感ある演技が軸となり、見応えのある

作品となっています。」


その後の懇親会まで少し時間があったので鐙さんの誘いで、

神保町と言えば本屋街!

レトロな佇まいのお洒落な本屋さんに。ここには映画関係の書籍が

豊富にあり皆さん、興味津々。本屋縦.jpg

時間がもっとあればゆっくり見ていたいところでした。そして道路渡った

真向かいの老舗洋食屋『ランチョン』へ。

メンチカツ、グラタンなど洋食メニューを戴きました。何だか

昔懐かしい味がしました。ボリューミーな上、昔の洋食屋さんの味を

守っているこのレストランが続いているのが納得でした。

メンチカツ縦.jpg

次回は9/28()を予定しています。

お問合せ、お申込みは、高林まで→ takabayashi@ryoma21.jp

posted by Ryoma21 at 19:06 | Comment(0) | 鑑賞会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月なのに真夏日!日比谷TOHOシャンテにて開催 5/25(土)

「え〜がね」では、初めて銀座界隈での開催。

「日比谷TOHOシャンテシネ」にて封切り2日目の

『ベン・イズ…バック』を鑑賞。今回は9名の参加でした。

Ben is back.jpg

薬物依存症の息子と真正面から対峙し、救おうとする母親の

ヒューマンドラマ。

今回の感想は、ほぼ毎回参加の真木さんに書いて頂きました。

★★感想★★

薬物依存症の息子の更生を願う母親ジュリア・ロバーツ迫真の演技に

終始ハラハラ、ドキドキでした。

薬物に染まる理由はそれぞれあるかもしれないが、自身の問題

だけでは済まされない。周囲の人々を不幸にしてしまう。

最後に自らの命を絶とうとしたベンを愛犬と母親が救うシーンで

涙が溢れた。命を絶ってしまったら終わりではない。

残された家族をもっと不幸にしてしまう。一緒に観たTさんは、

ベン・イズ・バックは単にベンが帰って来たのではなく、ベンが元に

戻った、の意が込められているのでは、との感想。

本当にそうであって欲しいと心から願う。

★★★

その後の懇親会はコリドー街のメキシカンレストランへ。

タコスランチを戴きました。前菜.jpg

あまり馴染みのない料理の数々。味も盛り付けもgood

ボリュームがかなりあり、決して若くはない我々はお腹一杯になりました。

帰りがけに様変わりした日比谷界隈、特にMidtownができてからは

おしゃれな街に変貌していたので、皆さんと散歩したり、ベンチのある

木陰で映画の感想の場を持ちました。


え〜がね では、映画だけではなくちょっと変わった、面白いレストランも

チョイスしていこうと思います。世界各国の料理とか、目的を持つのも

楽しいですよね。次はチュニジアレストランなんていかがでしょうか??

次回は727日土曜日を、予定しています。

お申込みお待ちしています。

お問合せは、リーダー高林まで→ takabayashi@ryoma21.jp

posted by Ryoma21 at 16:29 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おかえり、ブルゴーニュへ」飯田橋ギンレイにて 3/23(土)

毎日暖かい日が続いて、すっかり春🌸到来と思っていたら、とても寒い日

となった3/23(土)。2回目の飯田橋ギンレイホールにて

『おかえり、ブルゴーニュへ』を鑑賞。

ブルゴーニュ.jpg

今回は最後の参加となるコアメンバーの本郷さんのお別れ会も兼ねての

開催でした。ワインの名産地フランス.ブルゴーニュのワイナリー

を舞台に三兄弟の人間模様を、美しい四季とともに映し出した

ヒューマンドラマ。今回の感想は初めて参加してくれた32歳の

吉田さんにあらすじと感想書いて頂きました.

★★★★

いくつものトライアングルが幸運を呼び寄せるお話。

男女男の三人兄妹の長男が、父の病気をきっかけにフランスのワイン用

ブドウ農園の実家に帰ってくる。3人の登場人物がいた場合、良い場面と

いうのは1人が不在の時になった時に、残った2人が不在の人に関して

話した時に起こる。

暫定的に妹が農園の責任者になり、その妹が収穫のアルバイトといい

感じになっているところを、兄弟が遠くから見つめながら冷やかしつつ

勝手に2人のチークトークを創作していく。

同じような場面は、弟が義理の父に卑屈に挨拶している場面でも

兄と妹によって繰り返される。

妹と弟は家の片付けをしながら、兄の身勝手さ傲慢さが父と

似ていることを話す。その時、父が兄に送るはずだった手紙が見つかる。

究極的にいない死者からの手紙を兄は読む。

兄が息子を寝かしつける時、子供の頃の自分を寝かしつける父に遭遇する。

そして、翌朝、相続税対策でもあり、兄の借金のために売り払われる

はずのブドウ農園について息子は父に質問する。父は答える。

「お父さんとおじさん、おばさん3人の土地だけど、彼らには

俺に借りがあるから、それを返すためにこの土地を売るんだ」

「借りってなに?」父は答えることができない。

兄は土地を売らず、妹に貸し、地代を取る形にして、父親の土地を

残すことを決断するところでこの映画は終わる。

しかし、断言しよう。

この判断、絶対後で妻と喧嘩するぞ。映画ではそれは描かれない。

C'est la vie.それもまた人生だ。

★★★

その後の懇親会は神楽坂のイタリアンレストランへ。ボリュームが

凄くてびっくり。でも味も美味しくとても良いランチでした。

もちろんワイン🍷は必須。

レストラン全員.jpeg

映画でワインが主役級にスクリーンに大写しされるから皆さん早く

飲みたいんだろうな、と観てました。味わい深かったようでした。

本郷さん.jpeg 

アメリカに永住してしまう本郷さんへ、餞別として映画の本を
差し上げました。是非、アメリカから最新のロードショー等の感想
送って欲しいですね。

次回は5月の下旬を、予定しています。

お申込みお待ちしています。

お問合せは、リーダー高林まで

→ takabayashi@ryoma21.jp


posted by Ryoma21 at 20:00 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする