やっと緊急事態宣言解除で・・「ノマドランド」鑑賞会 4/6(火)

★シネマクラブ「え~がね」第30回鑑賞会開催しました★

160[1].jpg

 4/6(火) TOHOシネマ川崎にて

 アカデミー賞ノミネート作品

 「ノマドランド」を鑑賞しました。

 緊急事態宣言解除後すぐ決定し、

 平日開催だった事もあり、出席者は

 5名。


今回の作品は、家を失った60代の女性が、キャンピングカーに

人生を詰め込み、淡々と流れていく大自然の中、

車上生活を送るというストーリー。

女優のマクド―マンもドキュメンタリーを見ているかのような

自然体で好演。観ている側にも、色んな思いや感想があり、

なかなか一言での感想が難しいという作品でした。

共通した意見として、アメリカと日本の文化や制度の違いが大きい、と。

 ===========================

♡原作書タイトルは 

「Nomadland: Surviving America in the Twenty-First Century」

翻訳書タイトルは 

「漂流する高齢労働者たち」

アメリカでは、60歳以上では17%だけが年金で暮らせ、

残り83%は働き続けなくてはならないという。部屋代が高く

給料も安く、年金も月6万ぐらいの人が多いので、やっていけない。

そこで!キャンピングカーを買って季節労働者として漂泊の

旅人(ノマド)となるのである。部屋代を払わなくて良いし車も

目立たないところに止めるので駐車場代もいらない。

ただ、これは白人の特権で、黒人なら警察に連れて行かれて

しまうとのことだ。~等々

=============================

日本では、コロナ禍の影響でキャンピングカーがかなり売れているとか、

このノマドとはえらい違いを感じざるを得ませんでした。

文章にしないで、単語を羅列してみました。

それで皆さんに想像を馳せて頂ければ。

「自由」「覚悟」「喪失」「孤独」「孤高」「雄大」「大自然」

「想い出」「(過去に)固執」「誇り」「強さ」

ぜひ、ご覧になってこの羅列した言葉から自分なりの感想を重ね

合わせてみてください。

十人十色の感想がある。と強く思った作品でした。

https://m.youtube.com/watch?v=89a0cFJypww


その後の懇親会は、同ビルの和食レストランへ。

ノマドランド.jpgノマドランド居酒屋.jpg

地味だけど、味が良くてなかなかのお店。この和食のお店は3回目でした。

時間も中途半端だったためか、貸し切りでした!


次回は…と言いたいけれど、全くの未定になってしまいました。

東京もマンボーが発令されてしまったし・・・


こんな映画観てみたいとか、ご希望・ご意見がありましたら高林まで。

→ kyokot0102@icloud.com(メルアド変更しました)



コメントを書く

コメント一覧