今年最後の定例会は、有楽町角川シネマで 11/30日(土)

11/30(土) 角川シネマズ有楽町にて『永遠の門(ゴッホの見た未来)』を鑑賞。

今年最後の「え〜がね」鑑賞会は初めて有楽町駅前の角川シネマで開催しました。

広い館内はゆったりしていて、駅の真向かいという立地も合わせ、

とてもおススメの映画館です。会員3名非会員5名の参加。

ゴッホ映画館.jpg














今回の作品は、全ての人が知っていると 言っても 過言でない画家

ゴッホの波瀾万丈な人生を、 美しい南仏の風景と共に映画化。

 今回は会員の安楽さんに感想を書いて頂きました。

 ★★ 感想 ★★

 37歳で短い生涯を遂げたゴッホ。多くの挫折を繰り返し、

 社会に適応できなかった夭折の天才画家。

あるとき「永遠が見えるのは僕だけなんだろうか」と自分の胸に

問いかけ、またあるときは神父にそっと語ります。

「未来の人々のために神は私を画家にした」

1890年7月、ゴッホの死。それは自殺とされていましたが、他殺説も

あり、この映画はその他殺説を採用。ゴッホと一緒にいた少年達が

持っていた銃が暴発。ゴッホを誤射してしまったが、ゴッホは彼らを庇う

ために自殺に見せかけたという説をとっている。

ゴッホが画家でいたのはたったの10年だが、その間に描いた絵は

900枚にも上った。

時と場所はかわって197011月の日本、市ヶ谷駐屯地。ノーベル賞

候補作家の三島由紀夫は自衛隊員に憲法改正のための決起を

うながした後、割腹自殺をしてしまいました。


皇国主義の三島は、いま我々が生活するこの令和の新年度を見通して

いたのでしょうか、長い歴史と伝統の皇室制度を守るのは自分の

役割とばかりに45歳の三島は、自分が隊長を務める「盾の会」の

メンバーとともにこの世から散って果てたのでした。

オランダが世界に誇るポスト印象派のフインセント・ファン・ゴッホ。

なぜ私はそのゴッホと三島由紀夫を結び付けてしまったのでしょうか。

それはゴッホが19世紀後半から20世紀初期にかけての

ジャポニズムという日本の伝統的な趣味ブームに大きな影響を

受けていて、それがあまりにも有名だったからです。

ゴッホは日本から流出した浮世絵を多く収集しており、自分の作品にも

広重等の浮世絵を登場させていたのでした。

「アルルの空は日本のように美しい」と日本の伝統文化に相当な憧れを

もっていたようです。

*********************************

その後の懇親会は、各国レストラン巡りの一環で、丸の内のタイレストランへ。

皆さんの旅行のエピソードなどを語らい、とても和やかな時間を過ごしました。

バンコクレストラン.jpeg  レストラン.jpg


次はどこの国のレストランに行きましょうか?

次回は1月の土曜日 に予定。

『イーディ、83歳 はじめての山登り』

長年夫の介護に人生を捧げてきた83歳の主婦が一念発起し登山に

初挑戦するさまを描いている感動の作品です。

お問合せ、お申込みは、高林まで→ takabayashi@ryoma21.jp



コメントを書く

コメント一覧