「おかえり、ブルゴーニュへ」飯田橋ギンレイにて 3/23(土)

毎日暖かい日が続いて、すっかり春🌸到来と思っていたら、とても寒い日

となった3/23(土)。2回目の飯田橋ギンレイホールにて

『おかえり、ブルゴーニュへ』を鑑賞。

ブルゴーニュ.jpg

今回は最後の参加となるコアメンバーの本郷さんのお別れ会も兼ねての

開催でした。ワインの名産地フランス.ブルゴーニュのワイナリー

を舞台に三兄弟の人間模様を、美しい四季とともに映し出した

ヒューマンドラマ。今回の感想は初めて参加してくれた32歳の

吉田さんにあらすじと感想書いて頂きました.

★★★★

いくつものトライアングルが幸運を呼び寄せるお話。

男女男の三人兄妹の長男が、父の病気をきっかけにフランスのワイン用

ブドウ農園の実家に帰ってくる。3人の登場人物がいた場合、良い場面と

いうのは1人が不在の時になった時に、残った2人が不在の人に関して

話した時に起こる。

暫定的に妹が農園の責任者になり、その妹が収穫のアルバイトといい

感じになっているところを、兄弟が遠くから見つめながら冷やかしつつ

勝手に2人のチークトークを創作していく。

同じような場面は、弟が義理の父に卑屈に挨拶している場面でも

兄と妹によって繰り返される。

妹と弟は家の片付けをしながら、兄の身勝手さ傲慢さが父と

似ていることを話す。その時、父が兄に送るはずだった手紙が見つかる。

究極的にいない死者からの手紙を兄は読む。

兄が息子を寝かしつける時、子供の頃の自分を寝かしつける父に遭遇する。

そして、翌朝、相続税対策でもあり、兄の借金のために売り払われる

はずのブドウ農園について息子は父に質問する。父は答える。

「お父さんとおじさん、おばさん3人の土地だけど、彼らには

俺に借りがあるから、それを返すためにこの土地を売るんだ」

「借りってなに?」父は答えることができない。

兄は土地を売らず、妹に貸し、地代を取る形にして、父親の土地を

残すことを決断するところでこの映画は終わる。

しかし、断言しよう。

この判断、絶対後で妻と喧嘩するぞ。映画ではそれは描かれない。

C'est la vie.それもまた人生だ。

★★★

その後の懇親会は神楽坂のイタリアンレストランへ。ボリュームが

凄くてびっくり。でも味も美味しくとても良いランチでした。

もちろんワイン🍷は必須。

レストラン全員.jpeg

映画でワインが主役級にスクリーンに大写しされるから皆さん早く

飲みたいんだろうな、と観てました。味わい深かったようでした。

本郷さん.jpeg 

アメリカに永住してしまう本郷さんへ、餞別として映画の本を
差し上げました。是非、アメリカから最新のロードショー等の感想
送って欲しいですね。

次回は5月の下旬を、予定しています。

お申込みお待ちしています。

お問合せは、リーダー高林まで

→ takabayashi@ryoma21.jp


コメントを書く

コメント一覧