横浜野毛の「Jack&Betty」で「運命は踊る」を鑑賞 9/29(土)

★シネマクラブ「え~がね」第18回鑑賞会開催しました★

『運命は踊る』イスラエル映画を鑑賞。次の日にも大型台風が襲来す 

という日でしたが、10名の参加でした。

 原題の「FOXTROT」はダンスの基本ステップであり4 分の4拍子で、

結局元の場所に戻るという事から この和訳になったのでしょう。

劇中で、息子が、父親が、それぞれ別々の場所でフォックストロットを踊る。

軍人の息子の戦死の知らせ→父母の悲嘆→誤報→父親の怒りと要求→

夫婦の慟哭と亀裂…因果は巡るのでしょうか。

 今回は感想を、伊豫部(いよべ)さんに書いて頂きました。

Jack (2).jpg

☆☆ 伊豫部(いよべ)さんの感想

 今回の映画「運命は踊る」の公開情報を下調べもせずに、イスラエルの

戦争映画である事だけを頭に入れて観に行きました。

映像が始まりリラックスモードから一変して体がこわばり、目が離せない

緊張感に陥った。

 想像していた戦いのシーンでは無く、息子の戦死を知らされた両親の

深い憤りが爆発、不気味な目や顔の動きと罵声が迫って来た。

静寂な部屋に響く物音には敏感になり、だけが負の連鎖に陥って行く姿が

とても辛く悲劇を物語っていました。

 今年の夏ベルリンのユダヤ人博物館を見学した際に、暗闇の高い天井から

差し込む一点の光と、今回の映像から視えて来た闇の方向が同じに感じられた。

果たして監督の秘められた胸の内は? 暗闇が消える日が来る事を願うのみです。

☆☆☆☆☆

          サイモンズ.jpg

 その後は会員の方の知り合いのイタリアンレストラン『Simons(サイモンズ)』で会食。

人気があるので、いつも混んでいて予約も取りづらいそうです!

料理はどれも美味しく、その上リーズナブル!ワインを飲んで皆さんで楽しいひと時を過ごしました。

特に手作りハムとイタリア風さんま・・骨まで軟らかく丸ごといただけました!

☆☆☆☆☆

次回は11月3日 土曜日   くうかいとのコラボ企画。深谷シネマに行きます!

作品は『ゆずりは』です。

すでに詳細をくうかいのブログに掲載中。お申込みお待ちしています。

→ http://kukai.ryoma21.jp/article/462005908.html

お問合せ・申し込みは、リーダー高林まで

→ takabayashi@ryoma21.jp


コメントを書く

コメント一覧