シネマクラブ「え~がね」から9月定例会のお知らせ 『タレンタイム~優しい歌』

皆様、8月に入ってから毎日の雨・・・お盆休みもいまひとつだったのではないでしょうか?

映画を定期的に観に行く機会が年々減っているかと思います。シネマクラブ「え~がね」は、足が遠くなりつつある映画館にリーダーがお勧めする映画をみんなで観に行って、終了後、懇親会と称して、お酒やワインを片手にわいわい語り合う会です。

なので、お一人様大歓迎ですので、気楽にご参加お待ちしております。

さて、今回の作品は『タレンタイム~優しい歌』(マレーシア)珍しいマレーシア映画です。

IMG_0437.JPG

以前から名画の誉れ高い作品。ずっと気になっていたのが先日キネカ大森で上映していたので早速観に行くことに。 素敵で爽やかな傑作でした。(…と言っても派手なエンターテイメント性はありませんが) 
これはぜひ「え~がね」で皆さまに紹介したいと思っていたところでした。その矢先ギンレイホールで上映。

あまり観る機会のないマレーシア映画。しかも「伝説の映画」とまで云われる作品をぜひ観に行きましょう!

その後の懇親会。神楽坂の和食系のお店を物色中。

☆あらすじ☆

2009年7月25日、51歳の若さで亡くなったマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマド。
アジア映画の未来への道しるべと期待された彼女の早すぎる死は世界中のファンを悲しませました。ヤスミンの最高傑作で、長編映画としての遺作になった『タレンタイム~優しい歌』(2009)

音楽コンクール「タレンタイム」(才能の時間=タレントタイム)が開催される高校で、コンクールに挑戦する生徒たちの青春を描きながら、民族や宗教の違いによる葛
藤を抱えた人々の様子を通して、多民族国家としてのマレーシア社会を映し出しています。(外部リンク)

◯作品: 『タレンタイム~優しい歌』
〇日時: 9月9日土曜日11時35分~
2本立ての内の1本です(この前に9時20分から「台北ストーリー4Kデジタル修復版」上映 各自観たい方はご覧になって下さいね )
◯場所: 飯田橋ギンレイホール(地下鉄飯田橋出口B4a.B4bを出てすぐ)
◯鑑賞料: 1,500円、シニアは1,000円。
〇参加費: 会員300円、非会員500円

http://www.ginreihall.com/hallinfo.html

お申込みは、リーダー高林まで(前日まで受け付けます)
高林京子 → kyokot0102@icloud.com

コメントを書く

コメント一覧