3月の定例会は、大岡川近くの野毛の名画座で 3/24(土)

https://yokohama-sozokaiwai.jp/wop/wp-content/uploads/2017/02/4W1A9200.jpg image

🌸春爛漫🌸  桜も八分咲きほどで…待ちに待った春到来!気持ち

身体も軽やかな、324日の土曜日。横浜の野毛で映画鑑賞会

開催しました。


今回は8名の参加者で初めて横浜の名画座『ジャック &ベティ』

での開催。


作品は『私はフェリシテ(幸福)』

始めてのアフリカ映画、舞台はコンゴのキンシャサ。


そこに生きる、シングルマザー。彼女の名前はフェリシテ(幸福という意味)酒場の歌手として生計を立てている。

そんな時、一人息子が事故で重傷を負う、手術するために彼女は金策に走る…。愛する息子の為になら、なんだってする。どんな事をしてでも…。懸命に生きる主人公の日々を描く。


☆感想☆

暗い。画面がひたすら暗い。1人の女性が主人公のドキュメンタリータッチの映画だ。猥雑とも違う埃にまみれた乾いた大地。明と暗、聖と俗が、彼らの汗や熱気とともに一気に押し寄せてくる。エネルギーに満ちているのだけれど…なんか全てが苛酷だなぁと観ていて重苦しい気持ちになってくる。アフリカの民族音楽はリズムもノリがいいけれど、彼女の笑顔が全く見えない事に、そして彼女の名前が幸福を意味しているにもかかわらず、その皮肉なまでの「対比」に観ていて…だんだん気分が沈む。陰鬱な気持ちになりかける。けれど後半より少しずつ彼女の口元に笑顔が滲んで来て…こちらもホッとして何だか嬉しくなって来る。つくづく笑顔って希望と直結してるんだな、と実感。


アフリカを舞台にした作品はなかなか触れる機会がないので、とても貴重な時間でした、との声も。


終了後は、桜🌸咲き誇る大岡川沿いを野毛方面に向かい伊勢佐木町近くの『梅林』でランチ。お店は老舗で情緒があり、とても素敵でした。春らしいメニューで、贅沢な小懐石コース3,240円を戴きました。

映画を観て、他の人の感想や意見を聴く、という事は「え~がね」の目的の一つでもあり、また、普段なら決して観ない作品にチャレンジするのも楽しいです。

色々な感想が飛び交うのもワクワク刺激的ですよ。

次回も作品選び、頑張ります。  


☆次回は5月の最終土曜日あたりに予定しています☆


リーダー高林




posted by Ryoma21 at 19:01 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第15回 シネマクラブえ〜がね鑑賞会『わたしは、幸福(フェリシテ)』3月24日(土)告知

1788BEA8-3045-4918-891D-131ECF7F1E86.jpg

★シネマクラブ「え~がね」第15回鑑賞会開催のお知らせ

3月に入ると、急に暖かな日が増えてきました。春の足音も、すぐそこまで近づいているのでしょう。
そんな心躍るうららかで爽やかな1日。

今回の「え〜がね」は、横浜の懐かしい昭和の味わい深い映画館 「ジャック&ベティ」
での映画鑑賞会を開催致します。ここは横浜で唯一の名画座です。
その後、これまたレトロな飲み屋街で有名な「野毛周辺」で、お酒や美味しい
食事で映画の感想を語り合いましょう!

作品は
『わたしは、幸福(フェリシテ)』

☆あらすじ☆
キンシャサ。この街は優しいだけじゃ生きていけない。バーで歌いながら、女手ひとつで息子を育てている歌手フェリシテ。
その名前の意味は“幸福”。人生は彼女に優しくないけれど、歌うときだけ彼女は輝く。そんな彼女に気があるのは、バーの常連のタブーだ。ある日、フェリシテの一人息子サモが交通事故で重傷を負った。
しかし、病院は彼女に告げる。
「前払いでないと手術はできない」。
手術代を集めるために、フェリシテは街中を奔走するが……。絶望から歌さえ歌えなくなるフェリシテ。そんなとき……。

◯作品 :『わたしは、幸福(フェリシテ)』
◯日時: 3月24日 土曜日 上映時間 11時30分より
◯場所: ジャック&ベティ
◯映画代 :1,800円 シニアは1,100円
◯参加費 :  会員300円 非会員500円
◯ジャック&ベティアクセスhttp://www.jackandbetty.net/access.html
◯『わたしは、幸福(フェリシテ)』公式サイト http://www.moviola.jp/felicite/

尚、チケット購入は各自でお願いします。当日券のみ自由席になります。

参加申込みは、リーダー高林まで
→ kyokot0102@icloud.com




posted by Ryoma21 at 11:15 | Comment(0) | 「え~がね」予告と参加者募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「え~がね」第14回鑑賞会開催 1/27(土)

ロングロングバケーション.jpg何十年振りの寒波が押し寄せて数日前に降った雪も

まだ融けない寒い土曜日、今年初めての映画鑑賞会

開催しました。


風邪や仕事で4名のキャンセルが出るも、9名の

参加者で初めてのTOHO六本木ヒルズシネマ。

作品は『ロング、ロングバケーション』。


70代の夫婦が旅をすることによって、人生を振り

返るヒューマン・ドラマ。

アルツハイマーが進行中の元教授であるジョン

(ドナルド・サザーランド)末期ガンに

侵されている妻のエラ(ヘレン・ミレン)

子供達も巣立ち、夫婦生活に半世紀を迎えて夫婦2だけの

時間を過ごしている。

そして、夫婦2人は愛車のキャンピングカーで故郷のキーウエストを

目指して、毎晩思い出の8ミフィルムで今までの人生を振り返りながら、旅を進めていく。

最後がこの作品の核心に迫るのだが。(外部リンク)


☆感想☆

他人事じゃない、身につまされる思いで観てました。と全員一致の感想。

我々世代、共通の偽らざる感想だと思いました。

参加者の一人は「同年代に突入した自分と照らし合せ、ドキドキしながら

2人の素晴らしい演技に吸い込まれた。自分の最後は自分で選べたら

最高なのだろうけれど。」


『あなたはどういうふうに死を迎えますか?』最近こんな話題を

あちこちで聞きますが、明快な答えなど見つけられない。出来れば避けて

通りたいと願いさえしてしまいそうな問い掛け。それをこの作品は直接

問題提起してくれたと言えます。

人それぞれの死生観もあるし。十人十色の答えがあることでしょう。

ぜひご覧になって、皆さんの感想を聞かせて頂きたいと思います。

権八.jpg

   権八1.jpg終了後は西麻布の『権八』でランチ。お店はなかなか素敵でした。

蔵を模した2階まで吹抜けの和モダンでゆったりした内装。外国人に

人気とあって、ほとんどが旅行客。

食事は2千円でのお任せセット。やきとり、天ぷら、手打ちそば、とまさしく

「ザ、日本食」でした。2時間余りの懇親会は、映画の感想のみならず、

自分たちが直面している介護の問題におよび、過去の経験をそれぞれ

交換したり、とても貴重な時間となりました。


映画を観て、他の人の感想や意見を聴く、という事は「え~がね」の目的

の一つでもあり、毎回とても良かった、と言ってもらえるのが嬉しいです。

次回も作品選び、頑張ります。  


◯『ロング,ロングバケーション』公式サイト

http://gaga.ne.jp/longlongvacation/


☆次回は324日の土曜日に予定してます☆


リーダー高林

posted by Ryoma21 at 16:59 | Comment(0) | 鑑賞会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする