5月の定例会は「ファントム・スレッド」 5/26(土)


5月26日(土)に、川崎駅直結の ラゾーナの中にある川崎109シネマで、
この日から上映スタートの 『ファントム・スレッド』 を観賞。

今回の作品は、骨太な実力派PTAことポールトーマスアンダーソン監督と
これが引退作⁉️となる、真の実力俳優ダニエル・デイ・ルイス主演の、
満を持して公開された 作品。
 
楽しみでした。集まったのは、9名。コアメンバーが定着してきたのと、
少しずつ参加者が増えて来て 嬉しい限りです。

 ☆☆☆あらすじ
 舞台は1950年代のロンドン。オートクチュールの仕立て屋 
レイノルズ・ ウッドコックニエル・ デイ・ルイス)は英国ファッション
業界で中心的な人物。
そんな彼の日々を支えているのは姉のシリル。
郊外の田舎町へと出かけていく。そして何気なく立ち寄ったレストランで
彼はウェイトレスのアルマと出会い、一瞬にして彼女に心を惹かれて
しまう。3人の登場人物の織りなす複雑な愛の物語です。

今回は感想を、いつも参加して下さる映画通の本郷さんにに書いて頂きました。

☆☆☆感想
なぜか急きょ私がこの映画の感想を書くという宿題を頂いてしまい、何を
書こうか考えながら帰宅の途についていると過去に出会った男性の事を
ふと思い出した。

それは、私がある国に住んでいた際によく催したホーム・パーティによく
来てくれた男性の事だった。いつも一人で、時には花束、時にはワインを
片手に来ていた。口数は少なく、バカ騒ぎしている輩から距離を置き、
いつも優しく静かな微笑みを湛えていながらもどこかもの悲しい目の男性
だった。
容姿も悪くなく、経済的にも恵まれて男性が、日曜日に趣味も
合わない人たちに囲まれてつまらない酒宴に時間を費やす姿
私には非常に不可解だった。

ある日、私は唐突に「彼女はいないの?」と聞いた。彼は「いない」と
一言で私の質問を片づけた。
私は勝手に「彼はきっとシャイ過ぎるから、彼女がいないのだ」と
思い込み、「あなたは素敵な男性だから、勇気を出して女性に話し
かけたら、どんな女性でもすぐにデートしてくれると思うよ」というと、
彼は「僕は特別な女性しか愛せないんだ」と言い、口をつぐんでしまった。
私は彼が言う「特別な女性」がどんな人なのかとても知りたかった
のだが、彼には不思議な力があって、それ以上彼と話す事が
できなかった。

少し経ち、私たちの距離が少し近づいたと感じた頃、私は「前に話して
くれた特別な女性ってどんな人?」と切り出してみた。彼ははにかんで、
そして面倒くさそうに「その女性は、支配(Domination)と従属
(Subordination)という崇高で特別な愛の形を完全に理解して
いる人なんだ」と言った。
「あなたはどっちなの?支配者なの?従属者なの?」と聞いてみた。
彼は「時に支配者、時に従属者。その僕のニーズを何も言わずに
分かってくれる女性はとても少ない」と言った。
私には彼の言った意味が全く理解出来なかった。

前置きが長くなってしまったが、本作品は、その彼の言っていた「崇高で
特別な愛の形」を明解に映像化されていたと思う。本作品に露骨な
性描写は一切ない。
しかし、彼らは耽美な「崇高で特別な愛」によって結ばれている。
いずれが欠けても、彼らは生きてゆけない。主要な登場人物は、時に
美しく横暴な捕食のような支配者になり、時にか弱い被食動物である
従属者になる。

映像は、ワン・シーン、ワン・シーン見事な構成で細部まで計算された
美しさを感じた。
カメラ・ワークは、特に終盤にかけて、捕食動物が被食動物をジリジリと
追いつめていくような感覚で、支配者が従属者の弱さを目の当たりにし、
抑えきれない欲望に駆り立てられながらも心から湧き出る愛おしさを
持った目線を意識して、撮られていたように感じたのは私だけだろうか?

どこかの国の動物学者が捕食動物は被食動物が魅了されるほど
美しいものだと言っていたのを思い出した。   
                             本郷
☆☆☆  
                   
 鑑賞後は、お決まりの会食コース。
 ラゾーナの中の和食屋さんの 
 個室が取れたので、2500円の懐石を
 いただきながら、映画の感想を
 語り合いました。

 次回は7・8月頃になります。もし、
 観たい作品や開催方法アイディア
 などありましたら、ぜひご連絡下さい。
 お問合せは、リーダー高林まで
 → kyokot0102@icloud.com

posted by Ryoma21 at 10:07 | Comment(0) | 鑑賞会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月の定例会のお知らせ 5/26(土)

GWも終わり、寒暖の差が激しい日々ですが、いかがお過ごしですか?
奄美地方は梅雨に入ったとか、こういう季節は、逆に映画を観るには
良いかも知れませんね。

今回は、骨太の作品を撮る事で有名な監督の話題作『ファントム・スレッド』。
とても見甲斐ありそうです♡

その後の「親睦会」はビールも美味しい季節となりました!
楽しく歓談しましょう。
皆さまのご参加お待ちしています。

◯作品:  『ファントム・スレッド』
◯日時: 5 <x-apple-data-detectors://0> 月26日 土曜日 午後
◯場所:  109シネマズ川崎
◯映画代:1,800円 シニアは1,100円
◯参加費 : 会員300円 非会員500円
◯109シネマズ行き方
http://109cinemas.net/kawasaki/access.html
◯『ファントム・スレッド』
https://movies.yahoo.co.jp/movie/362659/

☆1950年代の英国ファッション界で活躍するオートクチュールの
仕立屋と、 若きウエイトレスとの愛の軌跡を描く。
☆『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン
監督とダニエル・デイ=ルイスが再び組んだドラマ。ダニエルは
裁縫師のもとでおよそ1年間衣装作りを学んでから撮影に臨んだ。

尚、予めチケット購入しようと思います。ご希望の方はその旨も添えて、
5月22日頃までに返信して下さい。

申込みは、リーダー高林まで
→ kyokot0102@icloud.com

posted by Ryoma21 at 06:50 | Comment(0) | 「え~がね」予告と参加者募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月の定例会は、大岡川近くの野毛の名画座で 3/24(土)

https://yokohama-sozokaiwai.jp/wop/wp-content/uploads/2017/02/4W1A9200.jpg image

🌸春爛漫🌸  桜も八分咲きほどで…待ちに待った春到来!気持ち

身体も軽やかな、324日の土曜日。横浜の野毛で映画鑑賞会

開催しました。


今回は8名の参加者で初めて横浜の名画座『ジャック &ベティ』

での開催。


作品は『私はフェリシテ(幸福)』

始めてのアフリカ映画、舞台はコンゴのキンシャサ。


そこに生きる、シングルマザー。彼女の名前はフェリシテ(幸福という意味)酒場の歌手として生計を立てている。

そんな時、一人息子が事故で重傷を負う、手術するために彼女は金策に走る…。愛する息子の為になら、なんだってする。どんな事をしてでも…。懸命に生きる主人公の日々を描く。


☆感想☆

暗い。画面がひたすら暗い。1人の女性が主人公のドキュメンタリータッチの映画だ。猥雑とも違う埃にまみれた乾いた大地。明と暗、聖と俗が、彼らの汗や熱気とともに一気に押し寄せてくる。エネルギーに満ちているのだけれど…なんか全てが苛酷だなぁと観ていて重苦しい気持ちになってくる。アフリカの民族音楽はリズムもノリがいいけれど、彼女の笑顔が全く見えない事に、そして彼女の名前が幸福を意味しているにもかかわらず、その皮肉なまでの「対比」に観ていて…だんだん気分が沈む。陰鬱な気持ちになりかける。けれど後半より少しずつ彼女の口元に笑顔が滲んで来て…こちらもホッとして何だか嬉しくなって来る。つくづく笑顔って希望と直結してるんだな、と実感。


アフリカを舞台にした作品はなかなか触れる機会がないので、とても貴重な時間でした、との声も。


終了後は、桜🌸咲き誇る大岡川沿いを野毛方面に向かい伊勢佐木町近くの『梅林』でランチ。お店は老舗で情緒があり、とても素敵でした。春らしいメニューで、贅沢な小懐石コース3,240円を戴きました。

映画を観て、他の人の感想や意見を聴く、という事は「え~がね」の目的の一つでもあり、また、普段なら決して観ない作品にチャレンジするのも楽しいです。

色々な感想が飛び交うのもワクワク刺激的ですよ。

次回も作品選び、頑張ります。  


☆次回は5月の最終土曜日あたりに予定しています☆


リーダー高林




posted by Ryoma21 at 19:01 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする