第19回鑑賞会街歩き「くうかい」と合同開催しました 11/3(土)

ゆずりは.jpg113日(土・祝) 深谷シネマ にて『ゆずりは』鑑賞会&深谷の街を散策しました。

「深谷シネマ」は元禄時代の造り酒屋を改造して映画館に。

ここに至るまでの、館長はじめ地道に努力・尽力された方たちの思いを

感じずにはいられませんでした。

300年もの歴史を持つ「七ツ梅酒造」跡へ20104月移転したとか、

今もカフェや試飲のできる酒屋も一緒にオープンしています。

全国でも唯一の酒蔵を改装した、街の映画館です。』とあるようにとても

素敵な空間でした。なんだか古き良き情緒溢れる昭和よりもっと前の時代

にタイムワープしたような気分になりました♡


今回は映画に特化したレポートを載せます。

久しぶりの邦画です。

しかもメジャーでなく、単館でひっそりと上映するような作品で、

タレントのコロッケ氏がメイクを取って⁉️真摯に臨んだ一本という触れ込みです。

葬儀屋さんが主人公と言えば、「おくりびと」が思い出されますね。

名作なので未見の方はぜひ観て下さいネ。


死・永遠の別れ…が題材ですので自ずと感動作になりやすいと思いますが

この作品、有名な俳優は一切出てなくて見たことあるなぁというクラスの

役者さんばかりです。予算もそんなになかったのもうかがえる作品でした。

地味ながらもじぃーんと胸打つ、野に咲く花のような感動作でした。


死とは、今生との別れ。

映画では葬儀社の新人青年の形式を逸脱する振舞いを持って、

計らずも愛する家族を見送らなければならなかった人たちに、寄り添う

まごころ込めた優しさを通し、多くの死に接し感情の起伏を失った

主人公の心と、こうあるべきだ。という固定観念を徐々に氷解していきます。

そして「お葬式」というセレモニーのあり方も見つめ直していく。

その描写は素直で解りやすく、また我ら世代、残された側でなく

去りゆく側として、考えさせられました。

最終的には、心の中でひとつのフレーズが浮かんだのでした。

『飛ぶ鳥跡を濁さず』


☆☆ 『ゆずりは』公式サイト☆☆

http://www.eiga-yuzuriha.jp/ (音が出るのでご注意ください)


☆☆☆☆☆

次回は1月頃を予定しています。

心洗われる感動作を♡と思っています。

寒い季節ですのでぜひインドアの娯楽として、皆さまの予定に入れて下さいね!!

ご参加よろしくお願いします。




posted by Ryoma21 at 18:22 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜野毛の「Jack&Betty」で「運命は踊る」を鑑賞 9/29(土)

★シネマクラブ「え~がね」第18回鑑賞会開催しました★

『運命は踊る』イスラエル映画を鑑賞。次の日にも大型台風が襲来す 

という日でしたが、10名の参加でした。

 原題の「FOXTROT」はダンスの基本ステップであり4 分の4拍子で、

結局元の場所に戻るという事から この和訳になったのでしょう。

劇中で、息子が、父親が、それぞれ別々の場所でフォックストロットを踊る。

軍人の息子の戦死の知らせ→父母の悲嘆→誤報→父親の怒りと要求→

夫婦の慟哭と亀裂…因果は巡るのでしょうか。

 今回は感想を、伊豫部(いよべ)さんに書いて頂きました。

Jack (2).jpg

☆☆ 伊豫部(いよべ)さんの感想

 今回の映画「運命は踊る」の公開情報を下調べもせずに、イスラエルの

戦争映画である事だけを頭に入れて観に行きました。

映像が始まりリラックスモードから一変して体がこわばり、目が離せない

緊張感に陥った。

 想像していた戦いのシーンでは無く、息子の戦死を知らされた両親の

深い憤りが爆発、不気味な目や顔の動きと罵声が迫って来た。

静寂な部屋に響く物音には敏感になり、だけが負の連鎖に陥って行く姿が

とても辛く悲劇を物語っていました。

 今年の夏ベルリンのユダヤ人博物館を見学した際に、暗闇の高い天井から

差し込む一点の光と、今回の映像から視えて来た闇の方向が同じに感じられた。

果たして監督の秘められた胸の内は? 暗闇が消える日が来る事を願うのみです。

☆☆☆☆☆

          サイモンズ.jpg

 その後は会員の方の知り合いのイタリアンレストラン『Simons(サイモンズ)』で会食。

人気があるので、いつも混んでいて予約も取りづらいそうです!

料理はどれも美味しく、その上リーズナブル!ワインを飲んで皆さんで楽しいひと時を過ごしました。

特に手作りハムとイタリア風さんま・・骨まで軟らかく丸ごといただけました!

☆☆☆☆☆

次回は11月3日 土曜日   くうかいとのコラボ企画。深谷シネマに行きます!

作品は『ゆずりは』です。

すでに詳細をくうかいのブログに掲載中。お申込みお待ちしています。

→ http://kukai.ryoma21.jp/article/462005908.html

お問合せ・申し込みは、リーダー高林まで

→ takabayashi@ryoma21.jp


posted by Ryoma21 at 19:58 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜『ジャック&ベティ』の参加者募集中 9/29(土)

2回目となる横浜・野毛の「ジャック&ベティ」での鑑賞会です。

作品は第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞作!

イスラエル作品「運命は踊る」です。

→ http://www.jackandbetty.net/access.html

◯日時: 929日 土曜日午後

◯場所:ジャック&ベティ(横浜野毛)

アクセス http://www.jackandbetty.net/access.html

◯映画代:1,800円、65歳以上は1,100

◯参加費 : 会員300円、非会員500

申込みは、リーダー高林まで→ takabayashia@ryooma21.jp
折り返し、待ち合わせ場所、時間などをお知らせします。

posted by Ryoma21 at 11:05 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする