今話題の「鬼滅の刃」を観てきました 11/28(土)

「第29回え~がね定例会」11/29(土)

鬼滅の刃.jpg きめつ映画館で.jpg

当初の予定だった「スパイの妻」キネカ大森は時間が合わなくてやむなく断念。

(スケジュールが出るのが3日前・余談ですが、この映画館には女優の

片桐はいりさんが働いているんですよね)

そこで急遽、豊島理事の提案でなんと今、話題の『鬼滅の刃』に変更!

川崎109シネマズにて4名で鑑賞してきました。

︎✳

なるほどコレが空前の人気のアニメか!と。確かに少年ジャンプに掲載の漫画なので子供向きです。

それでも大人の鑑賞にはぎりぎり耐えられる、という感じ?


背景の描写は眼を見張るばかりに美しい場面もあるけれど、しかし惨虐・

残酷なシーンが多すぎて、子供に見せていいのだろうか?と疑問が。レイティング甘くないですか!! 

ここまで社会現象になっている理由わからず・・・というのが参加者の意見でした。
 

その後はラゾーナのカリフォルニアピザのお店へ。4人以内の規制をキープし、密やかに談笑しました。

今話題の(話題尽くし?)カリフォルニアピザはでかい!3人以上で行かないと、何種類かのピザは頼めない!

今まで食べたことのないアジアンテイスト風味のピザなど、美味しかったです。

カリフォルニアピザ4人.jpg ピザカリフォルニア.jpg


◯ 公式サイト

https://kimetsu.com/anime/

次回は年明け、1月か2月になります。その頃には少しコロナ禍が収まりますように…。

申し込みはリーダー高林まで    → takabayashi@ryoma21.jp 




posted by Ryoma21 at 08:20 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ禍でもテンション上げて、「マイ・バッハ」鑑賞 9/26(土)第28回

マイバッハ.jpgモンサンミッシェル.jpg 


今回の定例会では11名が参加しました。コロナの影響で、7月は

ほとんどの方が前日キャンセルをされたため、本当に久しぶりに

たくさんの方に出席して頂き、嬉しい限りです。

当初予定していた映画のタイムテーブルが合わず、ギリギリで作品変更!

有楽町ヒューマントラストで「マイ・バッハ不屈のピアニスト」を鑑賞

これが良かった!!ブラジルが生んだ天才ピアニストの実話です。

まさに、映画館での鑑賞に相応しい作品。大きな画面、極上の音源

特にピアノ演奏の鍵盤弾く指のアップが多用されて、その神技

指さばきに目を惹きつけられました。そして何より主人公のジョアン

マルティンスさんの決して諦めない姿に感動しました。

☆☆☆☆

トップクラスの演奏家として成功を収めながらも何度も不幸に見舞われ、

そのたびに不屈の精神で困難を乗り越えてきた男の姿に迫る。本作の中で

使用される全ての音源の演奏を、マルティンス本人のものを使用している。

https://matome.naver.jp/m/odai/2147331551316233201?page=3

懇親会は、東京フォーラムの中にある、モンサンミッシェルにある
レストランで有名な「ラメール・プラール」で名物ふわふわオムレツを
いただきました。
メレンゲのようなふわふわで歯ざわりもなく、意外と不評でした!

ふわふわオムレツ.jpg レストランで.jpg


でも、みんなで久しぶりにおしゃべりして、近況もわかって皆さん
お元気で何よりでした。

次回は11月の下旬の予定です。

映画館での鑑賞は本当に素晴らしいです。

今回、特に感じました。こんな鬱蒼とした世の中です。ぜひ足を運んで、

心を動かしましょう!

お問い合わせや、作品のリクエスト等は、リーダー高林まで
→ takabayashi@ryoma21.jp 


posted by Ryoma21 at 16:22 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お盆休みに山梨でリーダーお勧め鑑賞会 8/13&14

今まで、定例会とは別に高林が「これは是非観て欲しい」
映画鑑賞会をイレギュラーに開催してきました。

今回は、山梨県某所の別荘にて、三密にならない夏休みを満喫中に、

近隣の方もお誘いして、2日間に渡り、映画の趣向のリクエストを受け

5,6人でソファやカウチに座り、ワインやコーヒーを飲みながら

まったりと鑑賞しました。


        ログえ~がね2.jpg

  • 「新感染」…韓国映画。どうしても好きな韓国映画をチョイスしてしまいます。

○感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内に

まん延する中、群れを成して襲い掛かる感染者たちに恐怖を覚える

乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる、パニックホラー。

ホラーではありますが、その中にも人間味あるほろっとさせられる

エンディングが良かったという感想が。


  • 「メッセージ」アメリカのSF映画です。

○巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に

包まれる中、地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。

やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも

寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し・・・。


好評・不評、色々な意見出ました。忌憚なく言い合えるって良いですね!

感性は人それぞれだから難しいかも知れませんが、今後は

満場一致の喝采を目指しセレクトしたいと思います。頑張ります!


コロナ禍の中ではありますが、これからも機会があれば、

どんどん開催していく予定です。

次回は取り敢えず、9月の下旬を予定しています。


お問合せ・申し込みはリーダー高林まで
→ takabayashi@ryoma21.jp 



posted by Ryoma21 at 14:23 | Comment(0) | 「え~がね」とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする